fbpx

トピックス

ビジネスレター

介護と経営

新型コロナウィルス 感染拡大の影響

新型コロナウィルス感染拡大により介護事業所も大きな影響を受けています。介護給付費分科会の資料によると、その感染拡大による影響がどの程度であったかアンケート結果を報告しています。

流行前と比較し収支が悪くなったと回答した事業所は5月で約半数の47.5%でした。また5月の収入を前年と比較すると居宅サービス全体で△2.1% デイサービス△7.7%、ショートステイ△4.5%などの落ち込みとなっています。一方支出は54.7%の事業所が増えていると回答し、マスク・消毒などの衛生用品費を中心に人件費以外の経費1%の上昇が見込まれています。

影響の大きかったデイサービスでは厚労省より臨時的な取り扱いが通知されていますが、その利用状況は次の通りです。

※デイサービス8,000事業所のアンケート結果 実施主体:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(老人保健健康推進等事業)

5月をピークに収入などへの影響は減少傾向にありました。しかし、第3波の影響が懸念される現在、再び影響が拡大する恐れがあります。地域差や事業所の特性などもありますが前述の特例利用状況などを参考にしていただけたらと思います。

【文責:竹内光彦】

最新記事一覧へ

アーカイブ

新型コロナウィルス関連の支援策について