トピックス

ビジネスレター

総務の達人

ハローワークの求人システムが変わる

ハローワークの求人システムが、令和2年1月6日から刷新されます。新しいシステムでは、求人票の様式や求人の公開方法が変わり、より多くの求職者により詳しい求人情報や事業所情報を提供できるようになります。具体的なシステムリニューアルのポイントを3つ挙げてみましょう。

1:インターネットでのオンライン求人申込が可能になる

求人者(企業)側では、今後ハローワークのウェブサイトから求人申込が可能となり、これまでのような手書きの求人申込書が不要となります。ウェブ上での応募者管理、ハローワークへの採否連絡もできるようになります。

2:スマートフォン・タブレットで求人情報を閲覧できる

求職者側では、スマホ、タブレット端末で画像付の求人情報を閲覧できるようになり、ウェブ上からの求職申込も可能になります。※オンライン上で求職申込を完了させる機能は、少し遅れてのリリース予定。

3:求人票の様式が変わり、記載できる情報量が増える

その上で求人票が一新され、記載できる情報量が増えます。発信できる求人情報が増えるメリットがある一方、求人票を工夫している企業と、そうでない企業との差が明確に出る環境になるでしょう。一言で言えば求人票の「飛躍的な工夫」が必要になります

 
無料で求人を掲載することができるハローワークは、中小企業にとって貴重な人材採用ツールです。今回のシステムリニューアルを活かさない手はありません。2月20日(木)に「新ハローワークシステムを120%活用する採用術」と題したセミナーを開催しますので、ご興味があればご参加ください。

(文責:小倉洋平)

最新記事一覧へ

アーカイブ